シングルが好む広いファミリー向けマンション

千代田区マンション情報館のコラムへお立ち寄りいただきありがとうございます。

今日は「ファミリー向けマンションのターゲット層」について書きますね。

マンション投資を始めようとするとき、ご自分の所有するマンションに住む方をイメージできるでしょうか?

2LDKマンションなら新婚向け、3LDKならご夫婦とお子さんが1人か2人など住む方をイメージしてリフォームや賃貸料金などを検討していきます。

しかし、最近の傾向として単身者=ワンルームでなくファミリー向けマンションに住む方が増えています。

ソロ活というドラマも人気ですよね。

シングルライフを充実されており、住まいも広いスペースを選ぶ方はどんな方なのか?

まとめてみました。

1.年代より住み方はさまざま

20代の若い方が住む場合、お部屋をシェアするパターンが増えています。

シェアハウスなども出てきていますが、友人同士などでマンションに2人・3人と住み、家賃や光熱費を分担するという方法です。

依然よりこのようなスタイルをとっている人は少なからずいましたが、最近の賃貸物件ではシェアリング的な住まいを規制する物件もあります。

しかしファミリー向けマンションでのシングル層で一番多いのが、30代以上の中高年層です。

独身で特に結婚の予定もないが、狭い部屋よりゆったりとした広い部屋を敢えて選んで住む人達です。

発言小町などには、ファミリー向けマンションや分譲戸建てにも独身者で住み満足されている様子がうかがえます。

単身者が今後も増えるので、これからのターゲット層にこのようなシングル層を念頭においたマンション投資を目指すのも良いと思います。

2.シングルからも好評なファミリー向けマンション

2LDKや3LDKに住む、シングルの方の投稿を拝見してみるといくつか共通項があることに気がつきました。

●経済的にかなり余裕のある方が多い
●理事会にも積極的に参加している
●ゆったりとした居住と環境に価値を見出している
●分譲・賃貸に関わらず長期に住んでいる人が多い

こう見てみると入居者としては、理想なターゲット層です。

世帯人数が少ないなら部屋も汚れることも少なく、経済的に余裕があるからこそ広い部屋に住んでいるのでしょう。

少し前までは、一生の住処としてシングルの方がマンションを購入するということが多かったです。

しかし、長いローンを組むことについての不安や働き方改革などで将来の不安もあり賃貸で自由に住むスタイルが広がっています。

立地条件もよく、設備も整い、管理体制もよいマンションなら長期入居が見込めることでしょう。

経済的に余裕のある、シングル向けのマンション投資を今後は検討の視野に入れて物件をお選びください。

今どんな部屋が人気なのかをプロにご相談ください。

*******************************************

最後までお読みいただきありがとうございます。

千代田区のマンションの情報が知りたい方は、千代田区のマンションに詳しい不動産会社を訪ねてみてはいかがでしょうか?
とくに、AI診断など客観的なアドバイスを行ってくれる不動産会社がおすすめです。
https://self-in.com/chiyoda01

千代田区マンション情報館では、千代田区を中心に都心3区のマンションについてのご相談を承っておりますので、お気軽にご連絡ください。
※オンライン(ZOOM)でのご相談も可能です。

メールアドレス:info@mirabell.co.jp

電話:03-3261-5817

マンション別の詳しい情報を知りたい方は
「全国マンションデータベース」をご活用ください。
https://self-in.com/chiyoda01/mdb

シングルが好む広いファミリー向けマンション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トップへ戻る