2021年の東京オリンピック後の都心マンションはどうなる?

千代田区マンション情報館のコラムへお立ち寄りいただきありがとうございます。

本日は「021年の東京オリンピック後の都心マンションはどうなる?」について書きますね。

2020年に開催予定だった東京オリンピックを前にして、都心マンション価格は高騰し、世間を驚かせました。

庶民には到底手が届かない高嶺の花となってしまった都心マンション。
現在注目されているのは「2021年の東京オリンピック後、都心マンションの価格は暴落するのか?それとも上昇を続けるのか?」ということです。

これについて、以下でわかりやすくご説明していきます。

2020年に開催予定だった東京オリンピック前の都心マンション価格の高騰

2020年に開催予定だった東京オリンピックを前にして、都内では高層マンションの建設ラッシュが起こりました。

マンション購入予定がない人からすると「供給過剰ではないか?そんなに多くのマンションを誰が買うのだろう?」と疑問に思えるような状況。

しかし、そんな予想に反して、マンションの売れ行きは非常に好調で、都心マンション価格は高騰しました。

いったい誰がマンションを購入したのか?それについて以下で説明していきます。

まず、到底一般のサラリーマンでは購入できないような、高価格帯のマンションは、投資目的でインバウンドの富裕層が購入しました。
オリンピックの直前まではマンションの価格が上がり続けると予想して、最高値で売却するための購入です。

インバウンドの富裕層のマンション購入によるマンション価格の高騰は、一般人のマンション購入意欲を刺激しました。
「今、都心のマンションを購入すれば、今後の資産価値は上昇する一方、今が買い時なのではないか?」と判断したわけです。
「今後の資産価値が上昇する一方」かどうかはさておき、このような一般人のマンション購入も増加しました。

さらに、若い世帯で都心のマンションを購入する人も増加しました。
若い世帯の富裕層であれば良いですが、一般の若い世帯が、収入に見合わない高価格帯のマンションを購入するケースが多く見られます。

なぜなのか?「低い金利を背景に住宅ローンを組んで購入している」のです。
これは、将来的に、住宅ローン破綻する可能性が高い、非常に危ういケースだと言えます。

30年ローンを組んだとして、現在の低い金利が永遠に続くとは考えられません。
さらに30年間ずっと安定収入が得られる保証もありません。

将来の不動産市場・金融市場を予想しつつ住宅購入をしなければならないはずですが、リスクの高い買い物をした例だと言えます。

このように「東京オリンピックバブル」とも言える都心マンション価格の高騰は、インバウンド富裕層、比較的高収入の一般人、富裕層ではない若い世帯など、さまざまな層のマンション購入によってもたらされたものです。

2021年の東京オリンピック後の都心マンション価格はどうなる?

以上のことを踏まえて、2021年の東京オリンピック後の都心マンション価格がどうなっていくかを予想していきましょう。

現時点での都心マンション価格は、実際の価値より相当高い価格となっています。

いわゆる「東京オリンピックバブル」。

都心マンション価格が、2021年の東京オリンピックを前にして暴落するのではないかと予測する専門家もいます。
この予測が当たるのか、外れるのか、見通しは不透明だと言えます。

現時点では、売りに出ている都心マンションの数は減少傾向であり、購入を希望する人が増加傾向であるため、需要が供給を上回っており、都心マンションの価格は上昇傾向にあります。

都心マンションの主な所有者はインバウンド富裕層です。
現時点では、彼らが、コロナウイルス感染拡大の影響で、来日することが難しいため、都心マンションをすぐに売却するのではなく、様子見をしていることが、原因のひとつだと思われます。

今後、インバウンド富裕層のほとんどがマンションを売却するような事態になれば、都心マンション価格は暴落するでしょう。

暴落の時期が、東京オリンピックの時期と一致するかどうか予想することは非常に困難です。

ただし、世界の経済状況が悪化すれば、都心マンション価格は、非常に高い確率で暴落すると言えるでしょう。
インバウンド富裕層の資産すべての価値が大幅に下がり、都心マンションを手放さざるを得なくなると予想されるためです。

同様に、株価の暴落にも注意が必要です。一般的に、株価が下落した場合、その後少し時間を置いてから、不動産価格が下落すると言われています。

都心マンション売買のタイミングについては、以上のことを参考にしつつ、慎重にご判断ください。

まとめ

「2021年の東京オリンピックを前にして、都心マンション価格は暴落するのではないか?」と、多くの人が予想しています。

この予想が当たるのか、外れるのか、専門家の意見もさまざまです。

現時点で言えることは、インバウンド富裕層の多くが都心マンションを手放せば、都心マンション価格は暴落するであろうということです。
インバウンド富裕層の動きを注視していくことが必要です。

*******************************************

最後までお読みいただきありがとうございます。

千代田区のマンションの情報が知りたい方は、千代田区のマンションに詳しい不動産会社を訪ねてみてはいかがでしょうか?
とくに、AI診断など客観的なアドバイスを行ってくれる不動産会社がおすすめです。
https://self-in.com/chiyoda01

千代田区マンション情報館では、千代田区を中心に都心3区のマンションについてのご相談を承っておりますので、お気軽にご連絡ください。
※オンライン(ZOOM)でのご相談も可能です。

メールアドレス:info@mirabell.co.jp

電話:03-3261-5817

マンション別の詳しい情報を知りたい方は
「全国マンションデータベース」をご活用ください。
https://self-in.com/chiyoda01/mdb

2021年の東京オリンピック後の都心マンションはどうなる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トップへ戻る