管理会社ってどんな仕事をしているの?

千代田区マンション情報館のコラムへお立ち寄りいただきありがとうございます。

本日はマンション管理会社の仕事内容についてご説明します

出来るだけ丁寧に書いておりますので、最後までお付き合いください。

*******************************************

マンションで暮らしていれば何度か関わることになる、マンションの管理会社。

マンションライフのすべてを担うといっても過言ではありません。

一見すればトラブルなければ、仕事がないように見える管理会社も実は日々多くの仕事に追われているのです。

実際にはどんな仕事を管理会社がしているのか?
オーナー側と入居者の間で奮闘する管理会社の仕事内容についてお伝えします。

1.マンション管理会社の業務内容

・入退出の事務手続き
・入居者を募集する不動産会社と管理会社が同一の場合は内覧の案内もする
・日々の問い合わせや修繕などの問い合わせ対応や業者連絡
・家賃や管理費の入金管理
・コンシェルジュやマンション内設備の管理維持
・オーナー側と入居者との連絡業務
・マンション理事会への出席と対応

管理会社の規模や抱えている物件数にもよりますが、マンション管理会社は日々これだけの業務を抱えています。

入居者が多いタワーマンションなどは24時間体制で対応する管理会社もあります。

2.マンションの管理組合と管理会社の違いとは

本来マンションの入居者から選出される、マンション理事たちが理事会を作り一つのマンションを管理する管理組合という団体を設立します。

管理組合は自分たちが住んでいるマンションを実質上管理する管理会社へ業務を委託し、入居者から集めた管理費を業務委託している管理会社へ支払いします。

現在、マンションの管理会社は変更することができる場合もありますが、大規模マンションや大手アパートメーカーなどは管理会社も兼務する場合が多いです。

3.マンション管理会社の委託方式について

先にお伝えしたとおり、マンション管理会社がデベロッパーと同じ系列の会社の場合はすべてお任せというのが一般的です。

しかし、その分管理費などが高くなる傾向になりますがマンション入居者は負担が少なくすみます。

すべてを任せず、一部委託方式では大掛かりな管理は管理会社に任せて修繕や設備などの保守など管理会社から連絡があった場合に理事会などを開き協議する。
またすべて自主管理するマンションもありますが、これはかなり数が少なく限定されます。

4.管理会社に対して入居者が注意すること

管理会社にすべてお任せという場合でも、マンション入居者の意思はできる限り反映されるべきでしょう。

明確な理由なく管理費が段々値上がりしている、マンションの清掃などが行き届いていない、同じ規模のマンションに比べて修繕費の積立金が高すぎるまたは安いなど、組内会合などに出席して質問してみましょう。

分譲マンションなどは長くお住まいになることが前提です、お住まいのマンションの資産価値を維持するためにも自分のマンション管理がどうなっているのか?を知る必要があります。

暮らしやすいマンションライフのために一度組合に参加してみることをお勧めします。

そして自分のマンションの価値を知るには、入居の前にプロにご相談ください。

きっと満足できるマンション情報をお伝えできることでしょう。

*******************************************

最後までお読みいただきありがとうございます。

千代田区のマンションの情報が知りたい方は、千代田区のマンションに詳しい不動産会社を訪ねてみてはいかがでしょうか?
とくに、AI診断など客観的なアドバイスを行ってくれる不動産会社がおすすめです。
https://self-in.com/chiyoda01

千代田区マンション情報館では、千代田区を中心に都心3区のマンションについてのご相談を承っておりますので、お気軽にご連絡ください。
※オンライン(ZOOM)でのご相談も可能です。

メールアドレス:info@mirabell.co.jp

電話:03-3261-5817

マンション別の詳しい情報を知りたい方は
「全国マンションデータベース」をご活用ください。
https://self-in.com/chiyoda01/mdb

管理会社ってどんな仕事をしているの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トップへ戻る