相続税対策に有効?千代田区に賃貸アパートを建設

千代田区マンション情報館のコラムへお立ち寄りいただきありがとうございます。

今日は「賃貸アパートの建設」について書きますね。

千代田区に広い土地を所有している人が相続税対策に悩んでいる時に、ある建設会社から、賃貸アパートを建てて相続対策をしないかと持ち掛けられました。

しばしば、賃貸アパートの建設は相続税対策となり、相続税対策を主目的としてアパート建築を行う人も多く見られます。

ここからは、賃貸住宅が相続対策になる理由や賃貸アパート建設の注意点などについて解説していきます。

なぜ賃貸住宅は相続対策になるの

賃貸アパートは、なぜ相続対策になるのでしょうか?

多くの人は一旦ローンを受け、所有の土地にアパートを建築します。
所有している土地にアパートを建築することは相続税評価を下げることに繋がるといった点が、最も大きな理由です。

現在所有している千代田区の土地が、更地や駐車場だった場合、相続税の評価額が最も高い状態といえます。

しかし、賃貸アパートを建てることにより評価が自用地から貸家建付地となるので路線価で約2割の引き下げが可能です。

更に、建物を建築する場合、建築費の半分程度が評価額となる上に借家権が30%控除されるので相続税評価額を大きく引き下げることができます。

千代田区などに土地を所有している場合は、相続税が多額になる可能性が考えられるので、賃貸アパート建築など有効な節税対策が必要です。

賃貸アパート建築の注意点

賃貸アパートは、相続税対策に有効だと前述しましたが、いくら有効だといってもいくつかの注意点もあります。

ここからは賃貸アパート建築の注意点について解説しましょう。

■計画性が必要

賃貸アパートとしての需要があるかどうかを判断する必要があります。

いくら相続税対策に有利だからとはいえ、入居が入らなく賃貸経営自体が赤字になってしまっては何の意味もありません。

賃貸アパート経営は長いスパンでの経営と考え、空室リスクや修繕リスク、滞納リスクといったさまざまなリスクを踏まえて取り組む必要があります。

特に空室リスクが最も懸念されますが、所有している土地の場所が、賃貸アパート経営に大きく影響するといえるでしょう。

場所や家賃相場、入居者層を十分に分析したうえで賃貸アパート経営を行う必要があります。

相続のときには慎重に判断

もしも賃貸アパートを相続することになった場合も、引き続き賃貸アパートとして経営するか、売却するか等、慎重な判断が必要です。

賃貸アパートを相続した場合、築年数によっては大規模修繕や賃料の値下げなどいくつかのマイナス要因が考えられます。

さまざまなリスクと、収益を分析し今後の判断を行います。
慎重に判断する必要があるでしょう。

まとめ

賃貸アパート建築は、相続税対策として最も多く利用される手法です。

賃貸アパート建築は、評価額を下げることができるのが最も大きな要因といえます。

しかし、どこでもアパートを建てたらいいというものでもありません。
賃貸経営を行うにおいて、効果的な場所であるかどうか?

さまざまなリスクを理解しているか等も踏まえ慎重な判断が必要といえるでしょう。

*******************************************

最後までお読みいただきありがとうございます。

いかがだったでしょうか?

実際に不動産を相続した場合に、売却すべきかそのまま保有すべきかどうか悩んだら、専門家と連携して相談にのってくれる不動産会社に相談してみませんか?
千代田区相続相談センターでは、不動産相続についてのご相談も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
※オンライン(ZOOM)でのご相談も可能です。

メールアドレス:info@mirabell.co.jp

電話:03-3261-1-2001

マンション別の詳しい情報を知りたい方は
「全国マンションデータベース」をご活用ください。
https://self-in.com/chiyoda01/mdb

相続税対策に有効?千代田区に賃貸アパートを建設

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トップへ戻る