東京 御朱印めぐり

千代田区マンション情報館のコラムへお立ち寄りいただきありがとうございます。
千代田区九段下で千代田区のマンション中心に営業しております株式会社MIRABELLです。

本日は「東京の御朱印めぐり」についてご説明します。

数年前からちょっとしたブームになっている「御朱印」。

最近では専門の本なども多く発刊されており、人気のほどがうかがえます。

大きな神社・お寺へ行き、御朱印帳に印を押していただき集めるのを楽しみにしている方も多いようです。

実際、筆者も2年ほど前に善光寺へ参拝したおり、同行のツアーの方のほとんどが御朱印所に並んでいるのを見て感心致しました。

東京都心でこの御朱印めぐりの人気スポットのご紹介です。

1.東京大神宮 

東京大神宮より引用

全国には多くの神社がありますが、日本の神社における最高位の神社が三重県の伊勢神宮です。

江戸時代には生涯に一度は「お伊勢参り」をしたいという善男善女の多くが参拝に訪れたものです。

しかし現在と違い遠い伊勢神宮までの参拝は難しいために、明治13年当時の明治天皇のご裁断にて東京・日比谷に伊勢神宮の遥参殿として「東京大神宮」が建立されました。

東京の伊勢様として現在に至るまで「縁結び」の神として親しまれています。

2.水天宮

水天宮 Wikipediaより引用

安産の神として有名な「水天宮」は久留米藩の有馬家で信仰していたものでした。

久留米藩が江戸でもお参りできるように地元の久留米より御分霊を久留米藩江戸屋敷に祀られることになりました。

江戸に来た安産の神様として当時から大変人気で、この「水天宮」信仰が長く続き、現在に至っています。

境内には安産祈願の方々でいつも賑わっており、腹帯の販売や安産のシンボルである「子宝犬」「狛犬」像も多く設置され参拝客の目を楽しませています。

水天宮公式ホームページ

3.靖国神社

国を守るために亡くなった方の神霊246万6千柱余の方々が英霊として祀られている靖国神社。

この靖国神社は明治2年 明治天皇の思し召しにより建立されました。

靖国神社は戦った方々を祀るだけの場所ではありません。

明治から多くの戦争や内外での事変にて多くの尊い命が失われてきました。
その近代日本の戦争を振り返る歴史観である「遊就館」では、兵士として亡くなった方々のご遺品や残された家族へ送られたご遺書などが展示されています。

戦争のない現代に至るまでの中で失われた英霊を思い、平和を祈念する場所でもあるのです。

靖国神社ホームページ

御朱印はそれぞれの神社でお参りした後にいただくものです。

訪れた神社への思いとそれぞれの祈りを思い出す、記念として大切になさってくださいね。

*******************************************

最後までお読みいただきありがとうございます。

千代田区のマンションの情報が知りたい方は、千代田区のマンションに詳しい不動産会社を訪ねてみてはいかがでしょうか?
とくに、AI診断など客観的なアドバイスを行ってくれる不動産会社がおすすめです。
https://self-in.com/chiyoda01

千代田区マンション情報館では、千代田区を中心に都心3区のマンションについてのご相談を承っておりますので、お気軽にご連絡ください。
※オンライン(ZOOM)でのご相談も可能です。

メールアドレス:info@mirabell.co.jp

電話:03-3261-5817

マンション別の詳しい情報を知りたい方は
「全国マンションデータベース」をご活用ください。
https://self-in.com/chiyoda01/mdb

東京 御朱印めぐり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トップへ戻る