ファミリー向けマンション投資の利回りと経費

千代田区マンション情報館のコラムへお立ち寄りいただきありがとうございます。

本日は「ファミリー向けマンション投資の利回りと経費」についてご説明します。

不動産投資家にとっての関心の高い内容だと思います。
出来るだけ丁寧に書いておりますので、最後までお付き合いください。

*******************************************

マンション投資や不動産投資には、この利回りという知識は必要です。

この利回りには表面利回りと実質利回りの違いを押さえておく必要があります。

投資物件などをみると、ほとんどの物件に「利回り10%」などという数字がでています。

この表面利回りと実質利回りについて解説いたします。

1.表面利回り

この表面利回りとは「粗利」のことです。

    「表面利回り=物件価格×100÷年間家賃」

具体的な数字をあげますと

3,000万円の投資物件を購入し、年間の家賃収入が300万円の場合。
この場合、投資物件としては利回り10%となります。

不動産投資物件での広告の利回りは、特に明記がなければこの表面利回りとなります。

2.実質利回り

先にお伝えした、表面利回りには諸経費が計上されていません。

不動産には経費や税金や管理費などという諸経費があります。

実質利回りとはこの経費を計上した、手取り金額のようなものとお考えください。

3,000万円の投資物件を購入し、年間家賃収入が300万円で年間諸経費が10%で30万円、購入費用も10%の300万円だった場合の実質利回りを計算してみましょう。

    実質利回り=(年間家賃収入-諸経費)÷(購入費用+購入費用)×100

      (300万円-30万円)÷(3,000万円+300万円)×100

実質利回りは8%程度になります。

3.不動産投資の諸経費

不動産を購入・維持するには経費が必要です。

購入時の経費と維持費用について解説いたします。

①不動産購入時の経費

不動産を購入する場合、以下のような経費が発生します。

●不動産購入時仲介手数料
●登記登録費用
●印紙代
●銀行ローン手数料
●不動産取得税

② マンション維持経費

マンションオーナーになる場合の年間維持経費

●固定資産税
●都市計画税
●銀行ローン
●入退去時の現状復帰費用
●火災保険料

不動産投資初心者の方からみれば、経費がかなり多いと感じるかもしれません。
しかし、多くの不動産投資をしているオーナーたちはみな同じような経費を支払い、利益を出し続けているのです。

経費が発生することを前提で、経緯を上回る収益が見込める物件を購入すればいいのです。

資金繰りは大切ですが、物件選びの方が重要なのはこのような理由からです。

購入資金全額、自己資金という方ははほとんどいないでしょう。
銀行からの借り入れもスムーズに行うには事業計画書も一度ご自身で書いてみてはいかがでしょうか。

事業計画書テンプレート biz oceanというサイトでは無料の事業計画書のテンプレートがご利用できます。

ご自身の資金繰りと家賃収入など、記入してみるとマンション投資が具体的にイメージできます。

物件の利回りに関してはプロへご相談ください。
豊富な情報と経験から的確なアドバイスをお伝えできることでしょう。

*******************************************

最後までお読みいただきありがとうございます。

都内のマンション投資の情報が知りたい方は、詳しい不動産会社を訪ねてみてはいかがでしょうか?
とくに、AI診断など客観的なアドバイスを行ってくれる不動産会社がおすすめです。
https://self-in.com/chiyoda01

千代田区マンション情報館では、千代田区を中心に都心5区のマンションについてのご相談を承っておりますので、お気軽にご連絡ください。
※オンライン(ZOOM)でのご相談も可能です。

メールアドレス:info@mirabell.co.jp

電話:03-3261-5817

マンション別の詳しい情報を知りたい方は
「全国マンションデータベース」をご活用ください。
https://self-in.com/chiyoda01/mdb

ファミリー向けマンション投資の利回りと経費

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トップへ戻る