千代田区のマンションを相続 相続方法は?

千代田区マンション情報館のコラムへお立ち寄りいただきありがとうございます。

東京都千代田区九段下で千代田区のマンション中心に営業しております株式会社MIRABELLです。

本日は千代田区のマンションを相続する際の方法についてご説明します。

どうぞ最後までお付き合いください。

*******************************************************

あなたが、相続により千代田区のマンションを譲り受けることになったと仮定しましょう。

しかし、ただ単純に相続して良いのでしょうか?

例えば、被相続者の財産より負債が多い場合は、相続した場合、負債を弁済しなければいけないかもしれません。
財産よりも負債が多い場合も、相続するより道がないのでしょうか?

この記事では相続の種類と詳しい内容について解説していきましょう。

相続の種類を把握しておこう

相続の方法は、3種類です。

  1. 単純承認
  2. 限定承認
  3. 相続放棄

これらの相続方法の中から、ひとつを選択しなければいけません。

基本的に相続の手段を選択する期間は被相続人が亡くなったことを知ってから3ヶ月以内に決定することとなっています。
この3カ月の間に、相続人を確定し、遺産を確定しないといけませんので、期間があるようで全くありません。
スピード感をもって相続の方法を決定することが必須なのです。

では、これらの相続方法について掘り下げて解説します。

単純承認

単純承認とは、名前通り単純に条件を付けずに財産も負債も相続することを指します。
基本的には、負債よりも財産が多い場合は単純承認で相続を受けるパターンが多いといえるでしょう。

相続方法を決定する前に、必ず行っておかなければいけない点

相続方法を決定する前に、必ず行っておかなければいけない点が財産の確認です。
万が一、プラスの財産よりもマイナスの財産が多い場合は、負債を払わなければいけない羽目におちいります。

しかし一般的には、単純承認が最も多い相続方法として利用されているといっていいでしょう。

限定承認

単純承認してしまうと、マイナスの財産が多いのでプラスの財産の範囲内でマイナスの財産を相続できるというのが限定承認です。
つまり、マイナスの財産が多くてもプラスマイナスゼロの範囲までは相続しますという方法になります。

しかし、この限定承認は、手続きが複雑でかつ、期限も決まっているということもあり利用はほとんどされていないのが現状です。

では、どのようなケースで限定承認を利用するのでしょうか?


例えば、先祖代々の土地はどうしても手放せない、でも単純承認してしまうと負債が多くてとても維持できないといったケースなどで利用されています。

相続放棄

マイナスの財産が多いので、プラスの財産も含めて相続しないという方法が相続放棄です。

相続人全員が相続放棄をしてしまうと、プラスの財産は国庫へ帰属されます。

一旦相続を放棄してしまうと、相続放棄したものは最初から相続人ではなかったとみなされます。
つまり、放棄した人の子供に代襲相続されるというようなこともありません。

まとめ

相続は、相続方法を間違えてしまったため、負債が増えることもあるし、財産をなくすこともあります。
また、相続税の発生などにより相続の方法を考えなければいけないこともあるので、そう簡単ではありません。

遺産や負債が多い場合は、専門家に依頼してアドバイスをもらうといったことを考えましょう。

また、近親間のトラブルが起こりやすくなってしまうのも相続の特徴です。
しっかりと相続人同士話し合い、お互いが合意する方法を探っていく努力も行っていきましょう。

また、相続についてご相談がある方は、下記ページなどをご利用してみるのも良いかもしれません。

***************************************************

最後までお読みいただきありがとうございます。


千代田区マンション情報館では、遺産相続・不動産相続についてのご相談を承っておりますので、お気軽にご連絡ください。

千代田区のマンションを相続 相続方法は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トップへ戻る