不動産投資 クラウドファンディングとは?現物投資との違いを解説 ①

千代田区マンション情報館のコラムへお立ち寄りいただきありがとうございます。

今日は「不動産クラウドファンディング」について書きますね。

不動産投資にもさまざまな形態があります。

戸建て賃貸・マンション投資・アパート経営・REITそして今回ご紹介するクラウドファンディングでの不動産投資です。

不動産投資は投資家の資金・見込みまた将来の資産形成や相続対策などのご事情により最適な投資形態を選択されることと思います。

その中でも最近目にする「クラウドファンディング型不動産投資」とはどんな不動産投資なのか?

実際に所有する現物投資との違いやメリット・デメリットについてお伝えします。

クラウドファンディング型不動産投資とは

このクラウドファンディング型不動産投資は、多くの投資家から資金を集めて、大型商業施設やマンションを建築し、投資資金に応じて利益を分配するシステムです。

①クラウドファンディング型不動産投資のメリット

・少額から投資できる
・物件の建築・運営・管理はすべて投資会社が行いオーナーは資金提供のみ
・少額なので多くの物件に投資可能であり、リスク回避できる

クラウドファンディング型不動産投資の一番のメリットは少額からスタートできることでしょう。

最低では1万円からの不動産投資も募集されています。

マンションを賃貸に出した場合の管理会社や入居者との対応なども不要です。

また入退去時の現状復帰などもすべて、運営会社が行うので投資家は本当に資金提供のみであり、あとは分配金の入金を待つだけで手間がありません。

不動産投資としては最も少額から取り組めるため、資金を多数の物件に投資できリスク回避ができる。

このような点がクラウドファンディング型不動産投資のメリットといえます。

②クラウドファンディング型不動産投資のデメリット

・少額投資のためローリスクローリターンである。
・投資内容ある不動産に対してはすべてお任せになるため、意見を反映させることができない。
・不動産投資の中で最も利回りが低い。
・契約により一定の売却制限を持つ物件もある

当然と言えばそれまでですが、少額投資であり建物管理費もすべて支払った後に利益がでれば分配金があるという投資です。
投資家から集めた資金で土地を買い、建物を建築し、入退去管理などもすべて運用会社が行います。

手間がない分リターンが少ないのが、このクラウドファンディング型不動産投資といえるでしょう。

そして、不動産投資なので投資した権利を売却できることも可能ですが、運用開始からしばらくは売却できない契約の縛りがある投資もあります。

その理由としては、運用会社からすれば資金調達・建築や賃貸開始までかなりの時間が必要になります。
建築途中で資金を引き揚げられたりすると建築計画に触りがでる場合があるためです。

投資物件と契約内容により異なりますので、契約時には確認が必要となります。

*******************************************

最後までお読みいただきありがとうございます。

千代田区のマンションの情報が知りたい方は、千代田区のマンションに詳しい不動産会社を訪ねてみてはいかがでしょうか?
とくに、AI診断など客観的なアドバイスを行ってくれる不動産会社がおすすめです。
https://self-in.com/chiyoda01

千代田区マンション情報館では、千代田区を中心に都心3区のマンションについてのご相談を承っておりますので、お気軽にご連絡ください。
※オンライン(ZOOM)でのご相談も可能です。

メールアドレス:info@mirabell.co.jp

電話:03-3261-5817

マンション別の詳しい情報を知りたい方は
「全国マンションデータベース」をご活用ください。
https://self-in.com/chiyoda01/mdb

不動産投資 クラウドファンディングとは?現物投資との違いを解説 ①

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トップへ戻る