コロナで脱東京組が都心回帰している 理由とは

千代田区マンション情報館のコラムへお立ち寄りいただきありがとうございます。

本日は「コロナで脱東京組が都心回帰している理由」についてご説明します。

全く収まる気配のないコロナウイルスですが、住まい探しとの関係について出来るだけ丁寧に書いておりますので、最後までお付き合いください。

*******************************************

コロナ時代となって、もうすぐ1年余りになります。

一時定着するかに見えた、テレワークや地方への本社移管などのニュースから数か月がたち、今後はまた都心回帰するのではという記事を目にしました。

今後の住宅事情にも大きくかかわる都心回帰、東京への不動産景気について解説いたします。

1.世界マネーが東京へ

最初に下記データをご覧ください。

PRTIMESより引用

2020年から始まったコロナウィルスの影響で2020年1月から春先の緊急事態宣言まで落ち込んだ景気DIが緩やかに回復しています。

それどころか海外のリサーチによれば2020年1月から9月期のオフィスなど商業用不動産投資額が193億ドル(約2兆円)と世界首位の不動産投資額が東京に集まっていたのです。

ニューヨークやワシントンより多くの不動産マネーがなぜ東京に集まっていたのでしょうか?

2.アジアの主要都市としてコロナ被害が少なかった

東京への投資マネーの集中は他の都市と比較してコロナウィルスの被害が少なかったという点があげられました。

また同じく被害が少なかったアジアの他の都市よりは海外からの封鎖が秋より徐々に解除されビジネス用訪問が緩和されたために10月以降の伸び率も徐々に高まっています。

3.国内企業の都心回帰は

テレワークや在宅勤務が一般的になりつつある現状で、パソナが淡路島へ本社を移管したり少しずつ地方への分散が始まっています。

これは今後も長く続くのでしょうか?

一つの例としてニューヨークの同時多発テロ事件が参考になるかもしれません。

高層ビルが攻撃され多くの方が亡くなったあの事件後、アスベスト被害や再度テロの標的になるのではという流布もあり、いったん多く企業が郊外またはニューヨーク以外へ移転しました。

しかしその後数年するとまた戻ったというのです。

このコロナ禍の中で、ニューヨークの不動産業を手掛ける日本人女性も多くの人がニューヨークを出て行ったがまた数年後戻ってくると確信していると語っておられました。

多くの主要官庁があり、世界のマネーが集まる東京に都心回帰する可能性は多いにあります。

首都東京への回帰の現象を表す、その一つが住宅用不動産販売戸数の増加です。

PRTIMESより引用

働く人々も地方への移転が様々な事情によりできない方もいます。
ご家族の問題やお子さんの学校なども考慮される場合もあるでしょう。

オフィス不動産だけでなく、住居用マンションも買い替えの需要のせいか活況を呈しています。

やはり人が集まる首都圏は手堅く、世界から注目される不動産市場であることは間違いないようです。

この記事をご覧の皆様も買い替えなどをご検討ではないでしょうか?

ご相談は豊富な情報量を有したプロに一度ご相談ください。

*******************************************

最後までお読みいただきありがとうございます。

千代田区のマンションの情報が知りたい方は、千代田区のマンションに詳しい不動産会社を訪ねてみてはいかがでしょうか?
とくに、AI診断など客観的なアドバイスを行ってくれる不動産会社がおすすめです。
https://self-in.com/chiyoda01

千代田区マンション情報館では、千代田区を中心に都心3区のマンションについてのご相談を承っておりますので、お気軽にご連絡ください。
※オンライン(ZOOM)でのご相談も可能です。

メールアドレス:info@mirabell.co.jp

電話:03-3261-5817

マンション別の詳しい情報を知りたい方は
「全国マンションデータベース」をご活用ください。
https://self-in.com/chiyoda01/mdb

コロナで脱東京組が都心回帰している 理由とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トップへ戻る